現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

首都圏建設アスベスト訴訟第二陣 東京地裁期日行動・国会議員要請行動

アスベスト訴訟


2月23日(金)、東京地方裁判所前で、首都圏建設アスベスト訴訟第二陣・東京地裁期日行動と国会議員要請行動がおこなわれ、全体で約250人(埼玉土建59人)が参加しました。今回の期日では大工・左官・タイル工の4人の原告の尋問が実施されました。

その後におこなわれた、国会議員要請行動では、13組に分かれ、建設アスベスト被害補償基金制度の設立などの賛同署名に未だ賛同していない議員に対し陳情をおこないました。原告団が訪問した組では議員本人には会えませんでしたが「裁判では時間がかかりすぎる。補償基金の設立にぜひ賛同してほしい」という問いかけに対し「大変な時間を要していることは理解している。できる限りのことはしたい」と署名を受け取りました。

詳細は機関紙をお読みください。
組合員の方は機関紙データベースからも閲覧できます。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.