現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

被害者にならないために!じん肺・アスベスト対策

アスベスト訴訟


pak24_kazehiitakamoshirenai1343_tp_v
 

建設に関わる事業者は、日本で1番のアスベスト被害者であることを知っていましたか?知らなかったでは済まされない、みなさんの命にも関わる重要なことなので紹介いたします。

じん肺・アスベストってどんなものなの?

じん肺は、空気中に飛んでいる小さな粒子である「粉じん」が肺に入ることによって引き起こされる病気です。

最初は大きな被害はありませんが、次第に咳、たん、息切れなどの症状があわられます。進行すると結核、肺がんなどとの合併症が見られるようにもなる恐ろしい病気です。

アスベストは「石綿」と言われる、非常に細かい繊維です。

熱や摩擦、酸やアルカリなどにも強く使い勝手が良い素材のため、様々な工業製品に使用されてきました。

アスベストを吸うとどうなるの?

さきほど紹介した「じん肺(肺線維症)」や「悪性中皮腫」の原因になると言われ、肺がんを引き起こす可能性があります。

これは、仕事で10年以上にわたりアスベストを吸った方がなると言われています。

すぐに発病するわけではなく、15年から長くて50年近くも潜伏期間がある場合もあります。

もし吸ってしまった可能性がある場合はどうすればいいの?

埼玉土建では、被害者の方に向けて、アスベスト訴訟や、労災認定の取り組み、石綿健康管理手帳の取得を推進しています。

また、健康診断では、専門医による胸部のレントゲン検査を行うなどして、病気の早期発見のお手伝いをしています。

もしかしたら自分もアスベストを吸ってしまったかもしれない。そんな不安な点があれば、お気軽に埼玉土建にお問い合わせください。

電話番号:048-863-6211
受付時間:9:00~17:00(平日)

さいごに

建設現場で働くみなさんにとって、決して他人事とは言えない重要な知識ですよね。これを機会にアスベストについて学び、自分の身体のことについて考えてみてくださいね。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.