現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

子どもも楽しめる行事を活用して

【埼玉土建本部】

仲間にインタビュー


新座支部 井手貴浩さん(妻:浩美さん)

埼玉土建では、子どもも一緒になって楽しめる行事を開いてくれるから、親子で楽しんでいます。そう話してくれたのは、新座支部の井手さん。支部で開催される行事や主婦の会の行事を楽しみにしてくれています。

埼玉土建の行事などに参加するようになったのは、叔母さんが組合や主婦の会の役員をやっていたからでした。最初は主婦の会の「就学援助金学習会」で子どもの入学に合わせて新座市の制度の学習に参加しました。住んでいても意外と知らないことも多く、埼玉土建で新座市の制度の学習をしてくれたことで活用するチャンスができました。そこで声をかけられた「レジンアクセサリー作り」などの主婦の会の工作行事にも参加するようになり、今では親子で楽しめるたくさんの行事に参加しています。

主婦の会だけでなく、組合で毎年取り組んでいる次世代対策部の「夏休み工作教室」では、重機の試乗体験や、毎年いろいろな工作を準備してくれていて、子どもの夏休みの宿題にも使わせてもらっています。自分ではなかなかやれないことも、埼玉土建はさすが建設職人の組合という感じで、大工さんや塗装屋さんなど職人さんが丁寧に教えてくれていろいろな工作が楽しめますし、子どもにとっての新たな体験としても刺激になって助かっています。

埼玉土建は夫の仕事の面では助かっていますが、やっぱり親子で参加できる、そういう行事が楽しいです。今後も工作系の行事をメインに参加したいと思っています。いろんな工作を行ってくれることを期待しています。

 

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.