現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

  • TOP
  • トピックス
  • 新規雇用を検討中の事業主必見!ものつくり大学インターンシップ制度

新規雇用を検討中の事業主必見!ものつくり大学インターンシップ制度

トピックス


623fda7b
 

ものつくり大学が、在校生のインターンシップ先を探していることは知っていましたか?新しく仲間を迎えたいという事業所の方は必見ですので紹介いたします。

ものつくり大学ってどんなとこ?

ものつくり大学は、埼玉県行田市にある、日本の私立大学です。

1990年代に、日本の建設業の現場に携わる熟練した職人の数が減少していることへの危機感から開校されました。

ものつくり大学では、机に座って授業を聞く形ではなく、実際の体験を通した学びを中心に行う、日本国内でも数少ない、スペシャリストを養成する本格的な人材育成機関です。

授業の内容としては、溶接基礎実習・木造基礎実習・RC 基礎実習・鋼構造物施工実習・測量実習・建設 CAD 実習・家具技能実習・左官実習・建設足場実習・防水塗装基礎実習・造園技法実習・設備系総合実習など多岐にわたっています。

インターンシップを受け入れるとどういうメリットがあるの??

今回のプロジェクトの目的は、ものつくり大学の生徒を事業所のインターンシップに受け入れていただくことです。

事業所の方には、4年間実技を通して学んだ、即戦力として期待できる学生の採用への繋がりが確保できるメリットがあります。

また、学生の方を受け入れることで、若者の成長の機会を提供する、社会的貢献にも繋がります。

どんなところがインターンシップ受け入れ先になれるの?

大工工務店、左官、造園、設備、タイル、仮設、家具、設計事務所など、建設に関係する事業所が受け入れ先になることができます。

さいごに

この記事を読んで、自分の事業所にぜひインターンシップを受け入れたい!という方がいらっしゃいましたら、ものつくり大学にお問い合わせくださいね。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.