現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

  • TOP
  • トピックス
  • 同じケガでも手続きが違う!?仕事や通勤途中に起きたケガの場合について

同じケガでも手続きが違う!?仕事や通勤途中に起きたケガの場合について

トピックス


omg150918180i9a6450_tp_v
 

以前、万が一、事故や暴力行為にあった場合は、土建国保に連絡する必要があることを紹介致しました。
今回は、同じケガでも、仕事中や通勤途中に起きた場合についての手続きについて紹介します。
ちょっとややこしいかもしれないのですが、なるべく分かりやすく説明するので最後までお付き合いくださいね!

健康保険では治療できないの?

もし通勤途中にクルマをぶつけてケガをしてしまったとしたら、あなたはどうしますか?
実は、このような場合は、国保ではなく、労災保険を使って治療を受けていただく必要があります。
もし健康保険を使用している場合、傷病手当金や一部負担払戻金も支給対象がとなってしまうため、ケガや病気をされた方にとって大きな負担になってしまいます。

万が一健康保険証で治療を受けてしまったら?

慌てずに、まずは土建国保や所属している支部にご連絡ください。
土建国保へ一度医療費を返還し、労災保険に請求することができます。この場合には領収書が必要になりますので、必ず大切に保管してください。
または、病院へ連絡し了解を得た上で、窓口へ労災保険の書類を提出し精算していただくこともできます。
時間がたってしまうと後々たいへんなので、なるべく早く手続きすることをオススメします。

最後に

同じケガでも、仕事中や通勤途中か、それ以外で使う保険が違うということはお分かりいただけたでしょうか?
間違ってしまうとご自身の負担も大きくなってしまうので、くれぐれも間違わなように気をつけてくださいね!

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.