現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

何をやっているとこなの?国保組合会について

トピックス


ook75_prezensurudansei20131223_tp_v
埼玉土建に、国保組合会という会議があるのをご存知ですか?
名前は聞いたことあるけど、なにをやっているかはよく分からない。
そんな方たちの為に、国保組合会について紹介いたします。

国保組合会って何のためにあるの?

国保組合会は、1年間に2回、2月と7月に開催されています。
この会議では、年度の予算と決算が話し合われています。
もう少し分かりやすく言うと、その年にお金をどのように使うのか、そして、どのように使ったのかですね。
また、組合への加入者は増えたのか減ったのか、保険料は今後どうするのかなど、大切なことが話し合われています。

どうやったら関われるの?

残念ながら、組合員の方に直接この会議に出席していただくことはできません。
まずは、組合の役員になっていただき、代議員として参加する必要があるのです。
役員になるのは、班会議や分会の行事に積極的に出る必要があります。
しかし、現実的に、伝えたいことはあるけど、時間が中々とれなくて難しいという方もいらっしゃいますよね?
そんな方でも、お近くの支部までお問い合わせていただくことで、自分の意見を発信することもできます。

最後に

よりよい組合活動、土建国保の運営のためにも、組合員一人一人の意見は大変重要です。
毎年2回の会議の内容は機関紙で、または埼玉土建ホームページの機関紙データベースでも見ていただくことができます。
チェックして、自分できるやり方でぜひ参加してみてくださいね!

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.