現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

  • TOP
  • トピックス
  • より良い労働環境に向けて!賃金労働条件をよくする運動について

より良い労働環境に向けて!賃金労働条件をよくする運動について

トピックス


gf01a201502171000
埼玉土建が、労働者の皆様の労働条件を改善する為に日々活動していることは知っていますか?

どんなことを行っているの?

例えば、毎年、春と秋の年2回、清水建設、鹿島建設、大成建設、大林組、竹中工務店など大手ゼネコン、ミサワホーム、積水ハウスなどの大手住宅企業など、計50社以上との交渉を行っています。
その成果の一例としては、現場敷地内で徴収されていた駐車料金を返金させる、トイレを増設させる、喫煙場所を分煙させるなどが挙げられます。
また地域建設業の振興のため、入札制度のあり方、元下間の公正取引など、様々な問題を、地元の企業と共有しながら、今後も発展していくよう運動も行っています。

社会保険加入促進の取り組みって何?

すべての法人事業主と常時使用する労働者が5人以上いる個人事業主は、必ず社会保険に加入することが義務付けられています。
昨今、国土交通省のもと、未加入の業者を排除する動きも強まっています。2017年4月からは、完全に排除される予定で、保険加入しなければお仕事を受けられなくなってしまいます。
そうならないためにも、埼玉土建では、適法な方法を推進しながら、適正な法定福利費の確保のための学習会や、大手企業との交渉を行っています。

どこに相談すればいいの?

お近くの支部から、お気軽にご連絡ください。
豊富な相談実績を元にサポートしていきます。
電話での相談の場合は、048-863-6211まで。
受付時間は、平日9時から17時までとなっています。

さいごに

現場で働く労働者の方にとって、快適な労働環境の整備は欠かすことができませんよね。もしも何か問題があれば、いつでもお気軽にお問い合わせくださいね。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.