現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

【新座支部発】新型コロナウィルスの対応について❷

新座支部


新型コロナウィルスの感染拡大により、私たち埼玉土建の仲間からも「TOTOの機器が入らなくて工事が延期」「予定していた技能実習生が来れなくなっている」「コロナの影響で仕事が減って収入が減った・・・」



仲間からは「融資でなく生活できる金額を保証してほしい」などの実態・要求が寄せられています。

関東地方においては、爆発的増加は起きてはいないものの、クラスター(集団)の特定できない感染も報告され、感染者数も増加し、埼玉県及び県内の市町村からも「不要、不急の外出自粛」の要請が出され、予断を許さない状況にあります。

3月中旬に開かれた新型コロナウイルス対策専門家会議では、「多くの人が参加する場での感染対策の在り方の例」として、「具合の悪い人」や「二週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方」の参加を控えることや、「手洗いの実施」「飛沫感染を防ぐ対策」「咳エチケットに準じて声を出す機会が多い場面はマスク着用」に取り組むことや、「密閉空間にしないよう、定期的に外気を取りいれる」「人を密集させない環境を整備」など、「3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)」を避けることが示されました。

埼玉土建では、引き渡しの遅延による資金繰りの悪化等で組合の仲間が窮地に立たされることから、国の支援制度(無利子・無担保融資、セーフネット保証、雇用調整助成金等)を広く仲間に伝え活用することで相談活動に取り組みます。

下記は「経済産業省」のホームページにつながるリンクです。

ご活用ください。

クリック➡ 新型コロナウイルス感染症で資金繰りにご不安を感じている事業者の皆様へ

クリック➡ 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ

クリック➡ 新型コロナウイルスに関する経営相談窓口一覧

クリック➡ 雇用調整助成金に関する主な問い合わせ先一覧

 

友だち追加

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.