現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

9.4オール埼玉総行動

機関紙「埼玉土建」


9月4日「オール埼玉総行動」実行委員会は、大宮駅前で街頭集会を行い、1万5千人(主催者発表)が参加。デッキや歩道、階段に人があふれ「戦争法案いますぐ廃案」の声を上げました。
 「九条の会」事務局長の小森陽一東京大学大学院教授は、元最高裁長官が戦争法案は違憲だと明言したことを紹介。「私たちは主権者として白黒をはっきりつけ、憲法違反の法案をただちに廃案に追い込もう」呼びかけました。そして、安全保障関連法案について「日本の若者が武器を持って戦争に行くようなことはあってはならない」と訴えました。
 浜矩子(のりこ)同志社大学大学院教授は、戦争法案反対の国民の運動が情勢を変化させ、政権を焦らせていると述べ「(安倍政権を)追い込む流れは誰にも止めることはできない」と語り、「市民の良識、賢さで流れを変えよう」と呼び掛けました。
 集会を後援した埼玉弁護士会の石河秀夫会長は「普段は大変おとなしい弁護士も、この法案に対し怒っている。許せないと思っている。日本弁護士連合会をはじめ、全国各地の弁護士会、弁護士はこぞって、この法案が違憲であるということで、反対活動をしている」と安保法案は違憲だと強調。「もう少しで廃案にできるところまで来ている」と語りました。
 また、連合埼玉と埼労連の両事務局長が、政党からは民主、共産、社民がそろって法案廃案を訴えました。

日本の若者が武器を持って戦争に行くようなことはあってはならないと訴え


このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.