現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

7.28大集会

機関紙「埼玉土建」


閣議決定は違憲だ

参加者が会場からあふれ

参院でのたたかいで野党論戦と連携し、戦争法案を廃案に追い込もうと七月二十八日夜、東京・日比谷公園で大集会が開かれました。
「強行採決許すな、戦争法案廃案へ」との大看板が掲げられた日比谷野外音楽堂は開会の三十分前に超満員でした。入りきれない人たちが集会と並行して「安倍政権は、今すぐ退陣」などとコールしながら、国会請願デモを行いました。
主催する「総がかり行動実行委員会」の小山田義和氏は、日比谷公園に一万五千人が集まったと報告し、行動提起。「分野、世代をこえて広がったたたかいを確信に、さらに安倍政権の支持率を三割二割にさせるたたかいを全国ですすめ、廃案に追い込もう」と呼びかけました。また、八月三十日に国会包囲十万人行動を行うことを提起し、戦争への道へひた走る安倍政権の打倒を訴えました。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.