現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

6.28八NoNukesDay

機関紙「埼玉土建」


怒りを行動の力に

市民の力で原発を止め

六月二十八日(土)、東京・明治公園で「六・二八NoNukesDay 川内原発を再稼働させるな!!さようなら原発首都大行進」が開催され、約五千五百人(埼玉土建百三十一人)が参加しました。

主催者あいさつで、さようなら原発一〇〇〇万人アクションの鎌田慧さんは「大飯原発差止判決を出した裁判官は、経済よりも命だと明確に言っている。これは私たちが主張してきたことを裁判所が認めたということだ。市民の力で川内原発を止めよう」と呼びかけました。首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんは「大飯原発のさし止め判決は全国の運動の結晶だ。この判決を力に原発を再稼働させないよう頑張ろう」と訴えました。原発をなくす全国連絡会の伊東達也さんは「震災から三年が経過したが、福島事故は終息していない。この怒りを行動に変えて行こう」と呼びかけました。
経済評論家の内橋克人さんは「戦争にルールはない。集団的自衛権が閣議決定されれば、核も保有するようになる。安倍政権は国民の命・安全と言うが嘘だ。原発を止めることは核武装を止めることだ」と訴えました。また、作家の中山千夏さんは「ひどい世になるほど労働組合が大切。組合運動が抑えられ、国がおかしくなっている。これまで原発反対などを訴えてきた。これからも怒りを力に頑張ろう」と呼びかけました。
その後、大飯原発の裁判について海渡弁護士、脱原原告団全国連絡会の小野さんから活動報告があり、川内原発増設反対鹿児島県共闘会議の野呂事務局長から川内原発の現地報告と、人見やよいさん(原発いらない福島の女たち)から福島の報告がありました。
集会後、表参道をデモ行進し、沿道から行進に飛び入り参加する家族の姿もありました。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.