現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

「6.23国民大集会」

投稿者:【埼玉土建本部】

機関紙「埼玉土建」


怒りを悪政変える力に

「いのちと暮らしを守れ!怒りの国民大集会」が六月二十三日、東京・明治公園でおこなれ全国から二万四千人(埼玉土建から千五百六人)が参加しました。民主・自民・公明の密室談合による消費税増税の強行、原発再稼働などの悪政をはね返す熱気に満ちた集会となりました。

切実な一致点での共同はかろう

消費税増 税・社会保障改悪・TPP参加反対・原発再稼働に反対の声を上げて



主催者を代表して、全労連の大黒作治議長があいさつし、マスコミが「決められない政治」とあおっても、消費税増税と原発再稼働は決めてはならない、と強調しました。
日本共産党の志位和夫委員長が連帯のあいさつをし、「民自公は、国会の中では多数かもしれないが、国民の中では孤立を深めている」と指摘。「消費税、TPP、原発、基地―それぞれの切実な一致点での共同を発展させながら、日本を変える新しい統一戦線をつくろう」と訴えました。

 

増税反対のムシロ旗が林立して

各分野・地域からの発言が行われ、商工団体の方たちからは「消費税十%に商売をつぶされるか、消費税十%をつぶして商売を守るかのたたかいだ」と述べ、被災地・福島県浪江町から参加した方々は「大飯原発の再稼働は絶対反対だ。原子力と国民生活は共存できない」と訴えました。
さらに、米軍普天間基地の撤去を求める「オール沖縄」、TPP参加反対を訴える「オール北海道」の、地域ぐるみの怒りが代弁されました。
他にも、医療や保育の現場、非正規労働者などからも怒りの訴えが相次ぎ、壇上には「消費税増税反対」などのムシロ旗が林立しました。

悪政阻止に向けて全力あげよう

壇上に上がった青年の音頭で、参加者は「怒」と書かれたうちわを掲げシュプレヒコールを行ないました。
参加者は「怒りを運動の力に変え、たたかいをいっそう強め、悪政阻止にむけて全力をあげましょう」とした集会アピールを採択。集会後、参加者は三コースに分かれ、埼玉土建は十のてい団で、「消費税増税反対!」などとアピールしながら、代々木公園までデモ行進しました。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.