現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

6.23「平和憲法の改悪に反対する要請署名」キックオフ集会

機関紙「埼玉土建」


六月二十三日、参議院議員会館で六・二三「平和憲法の改悪に反対する要請署名」キックオフ集会が開催され、八単産から七十八人(埼玉土建から七人)が参加しました。
戦後の日本の平和と繁栄を支えてきた日本国憲法を守り、安倍暴走政治をストップさせるために「平和憲法の改悪に反対する要請署名」三百万筆を目標として取り組む事が確認されました。
集会には、民主党、日本共産党、生活の党、社民党から十一人の国会議員と秘書が駆けつけ、戦争法案廃案に向けて共闘していくことを表明しました。
各単産のあいさつの中で、全建総連の勝野書記長は「全建総連では組合員五筆(組織数・約六十一万人)を目標に掲げ、組織を挙げて憲法労組連の署名に取り組んでいく。また、ポスターを作成し、全国に配布していく予定だ」と述べ、三百万枚の目標をやりきりたいと決意を述べました。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.