現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

4.9市民のつどい

投稿者:【埼玉土建本部】

憲法・平和


集団的自衛権の危ない本質を知らせ

四月九日、埼玉弁護士会主催で「なぜ、今『集団的自衛権』なのか~『積極的平和主義』の意味すること」と題した「憲法と人権を考える市民のつどい」が、埼玉会館小ホールで開催され、六百人を超える市民が集まり、埼玉土建からも約百人が参加しました。
主催者を代表して、埼玉弁護士会々長の大倉弁護士は「埼玉弁護士会は強制加入団体なので、これまで政治的な意見に関して慎重な取り扱いをしてきた。しかし、社会正義の実現と基本的人権の尊重を使命とする弁護士は、国民主権や平和原則について、市民に積極的に説明する使命があると考えている。みなさん、平和について一緒に考えていこう」とあいさつしました。
問題提起の後、東京新聞論説委員でジャーナリストの半田滋さんから「集団的自衛権のトリック」と題した講演があり、自身が行った取材の中で感じた疑問、問題点などについて、写真を見せながら分かりやすく話しました。続いて、元内閣官房副長官補の柳澤協二さんから「安倍政権の安保政策」と題して、集団的自衛権の行使容認でどんな日本をめざそうとしているのか、その危険性について報告がありました。
最後に、二人の講師が参加者からの質問に答える形でトークショーが行われ、様々な疑問に明快な解答を示して、つどいは終了しました。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.