現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

マイナンバー制度学習会

機関紙「埼玉土建」


10月4日(日)10時から埼玉土建本部会館3階大会議室で株式会社第一経営相談所の井上栄作氏を講師に招き、建設業で働く組織内外の一人親方から事業主を対象にマイナンバー制度学習会を開催しました。

54人の参加者が集まり、内閣官房のホームページで公開されている動画の視聴や、2015年10月から日本国内に住民票がある全ての人に附番されるマイナンバーの基本的な制度の説明、番号の取扱いなど実務的な内容を学習しました。

学習会でとったアンケートでは、マイナンバー制度に対する準備について「準備している」が1人、「準備中」が3人、「準備していない」が38人という結果でした。

マイナンバー制度は政府にとって行政実務の効率化や税金の徴収など国民の管理に適した制度ですが、一方で国民にとって利便性が見えにくく、情報漏えいなどのリスクが多い制度です。

今後もこの制度の危険性など学習し仲間に周知してマイナンバーの凍結・廃止への運動につなげていきます。



このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.