現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

解釈で憲法9条壊すな!4・8大集会

投稿者:【埼玉土建本部】

機関紙「埼玉土建」


解釈改憲を許すな―戦争は絶対にさせない

憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使容認を狙う安倍晋三内閣に「ノー」を突きつける「解釈で憲法九条を壊すな! 大集会」(主催、同実行委員会)が八日夜、東京都内で開かれました。会場の日比谷野外音楽堂には、「輝く憲法九条」と書いた電光掲示板や「国は戦争するな 企業は武器を売るな!」と書いたプラカードも。会場は埋まり、入りきれなかった人も含め、五千人が参加しました。
ノーベル賞作家の大江健三郎氏がスピーチ。夏目漱石がデモンストレーションを示威行動と翻訳したことを紹介し「六十七年前に日本は新しい時代の方針をつくった。この新しい憲法です。戦争はしない、民主主義という新しい時代の精神です。時の政府がぶち壊そうとしている、新しい時代の精神を守るためしっかり歩きましょう」と語ると、拍手がおこりました。
日本弁護士連合会憲法委員会の伊藤真副委員長らが連帯あいさつ。伊藤氏は「政府に戦争をさせない。そのために憲法があるんです。集団的自衛権行使を認める解釈改憲を絶対に許さない力を結集しよう」と訴えました。集会には民主党、日本共産党、社民党、沖縄社会大衆党の国会議員らも駆け付けました。
集会後、デモ行進。衆参両院の議員面会所では、日本共産党と社民党の議員団が参加者を激励しました。

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.