現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合

お知らせ

第85回メーデー

機関紙「埼玉土建」


大幅な賃上げや、労働法制改悪反対などを掲げて、五月一日に、第八十五回メーデーが全国三百五会場で開催されました。
埼玉県では、二十四会場でおこなわれ、約八千人が参加しています。
北浦和公園でおこなわれた、埼玉県中央メーデーには約千八百人が参加し、労働者の賃上げや、ブラック企業の根絶、労働法制の改悪反対などの要求を掲げ取り組みました。文化行事の後、開会宣言が行なわれ、議長団が選出されました。
主催者あいさつで、埼労連の柴田議長は「来年のいっせい地方選で派遣法改悪や残業代ゼロを狙う安倍暴走政権にノーを突きつけ、幅広い人と手を取り、大きな運動を作ろう」と訴えました。
来賓あいさつで埼玉弁護士会の大倉浩会長は「弁護士会として、労働法制の改悪や集団的自衛権の行使容認に反対し、デモや集会を行なっている。憲法の理念を無視する今の政府には強く反対していく」とあいさつ。
スローガンと要求の提案、埼玉県と埼玉労働局への要請団の編成、メーデー宣言の採択が行なわれた後、各団体からの発言が行なわれました。
各団体からそれぞれ発言があり、構造改革によって委託化が進み、人員削減や人事評価の導入などが行なわれていることの報告、教科書採択や修学旅行への政治介入があり、教育委員会を弱体化させるような地方教育法制の改悪が狙われてることなどが訴えられました。
集会の最後に団結ガンバローを行ない、デモ行進を行いました

このページの先頭へ
現場、くらしに組合力 埼玉土建 一般労働組合 Copyright SAITAMADOKEN. All rights reserved.