現場、くらしに組合力

埼玉土建

お知らせ

8000人を超える市民が参加ーオール埼玉総行動

機関紙「埼玉土建」

|


11月26日(月)、大宮駅西口で、「九条こわすな!戦争させない11・26オール埼玉1万人総行動」がおこなわれ、8000人を超える市民(埼玉土建1129人)が参加しました。
 集会前のオープニングステージは、シンガーソングライターの川口真由美さんが飾りました。
主催者あいさつに立った、オール埼玉総行動の小出重義実行委員長は「安倍政権は改憲突撃内閣だ。安倍首相は憲法九条を加憲し、日本の恒久平和主義を掲げた憲法九条を死文化させようとしている。すでに草の根のたたかいが始まっている。力を合わせて安倍九条改憲を阻止しよう」と訴えました。
ゲストスピーチで、法政大学の山口二郎教授は「権力者がルールを無視し、民主政治はかつてない危機だ。憲法、民主主義を守るために野党と市民が心を一つにし、力を合わせ、努力することが必要だ。危機感を共有し、政権を倒すチャンスととらえ、たたかっていこう」と呼びかけました。
その後、立憲民主党の川内博史衆議院議員、国民民主党の津村啓介衆議院議員、日本共産党の小池晃参議院議員、自由党の森ゆう子参議院議員、社会民主党の福島みずほ参議院議員がリレートークをおこないました。
政党のリレートークの後、参加者から「野党は共闘」のコールが起こりました。
そのほか、連合埼玉、埼労連、市民団体から訴えがありました。




詳細は機関紙をお読みください。
組合員の方は機関紙データベースからも閲覧できます。