現場、くらしに組合力

埼玉土建

お知らせ

第10回教宣活動者会議

機関紙「埼玉土建」

|

2月18日(日)、さいたま市のときわ会館で第10回教宣活動者会議を開催し、全体で91人が参加しました。
全体会では、東京土建機関紙「けんせつ」前編集長の向井光也氏を講師に「支部機関紙編集や分会ニュースの役割」をテーマにした学習しました。また、支部の進んだ取り組みについて、新座支部から、毎月おこなっている支部機関紙編集会議について、熊谷支部から、全分会発行をめざした取り組み、さいたま南支部から、継続した分会ニュース作成会の取り組みについて報告がありました。
その後、分科会でそれぞれが持ち寄った支部機関紙や分会ニュースを手に、機関紙活動の苦労や悩み、教訓を大いに交流しました。
分科会終了後「第41回埼玉土建機関紙コンクール」の結果報告と表彰式を行いました。
参加した仲間からは「写真の選び方が参考になった」「読まれ、共感してもらえる分会ニュースをめざしたい」「他支部の機関紙を参考にしていきたい」など多くの感想が寄せられました。

詳細は機関紙をお読みください。
組合員の方は機関紙データベースからも閲覧できます。