現場、くらしに組合力

埼玉土建

お知らせ

疑惑の徹底解明を

機関紙「埼玉土建」

|

佐川前国税庁長官の証人喚問がされた翌日の3月28日(水)、緊急提起された国会議員会館前行動がおこなわれ、全体で1100人、埼玉土建から23支部42人が参加しました。
集会には立憲民主党、日本共産党の国会議員が参加。共産党の宮本徹衆議院議員は「佐川氏は証人喚問で何も語らず、このような形で幕引きを許しては絶対にいけない。真相究明のため、関係者を続々と国会に呼び、国民の前で証言をしてもらおう」と声をあげました。

詳細は機関紙をお読みください。
組合員の方は機関紙データベースからも閲覧できます。