現場、くらしに組合力

埼玉土建

お知らせ

1月 旗開きがありました。

建設・組合情報

|

pexels-photo-27431
2017年度旗開き開催
1/12に、「埼玉土建旗開き」がさいたま副都心の”ブリランテ武蔵野”で行われました。
各支部代表や来賓をあわせて、226名にご参加いただきました。

主催者代表の齋藤委員長
「今年は世界が大き変わっていく年になります。組合はたたかいの中で前進を築いてきました。いま、貧困と格差が広がっています。特に子どもたちが貧困の中にいるような世の中です。これを変えていかなければと思います。未来に希望ある社会を築いていきたいと思います。
人にも団体にも多くの違いが有ります。それを乗り越えて共同の取り組みを作っていくことが大切だと思います。働くものが安心して暮らせる社会を目指して、みなさんと力をあわせて頑張りたいと思います。」

前進座女優の小林翔子様、全建総連の勝野書記長、北関東地協吉田議長、群馬連の森田会長、建設埼玉の冨岡副委員長など多数の来賓のかたにお越しいただき、埼労連の伊藤議長は憲法問題に関して、生きやすい社会を作ろうと呼びかけました。
また、日本共産党の梅村さえこ衆議院議員が、安倍政治にストップをかけるべく国民と共にがんばる決意を語ってくださいました。

埼玉から大きな運動を
最後に、奥野副委員長から
「憲法を壊し、戦争する国づくりを進めようとしている安倍政権と対決して、埼玉から大きな運動をつくっていきましょう!」との訴えと、櫻井青年部長から「憲法を守り、生かし、建設産業の民主化と組織実増を目指して力を合わせましょう!」とお言葉を頂き、閉会となりました。

2017年がはじまりました。皆様、本年もよろしくお願いいたします。