現場、くらしに組合力

埼玉土建

お知らせ

特定健康指導でメタボを防止しよう!

保険・共済

|

1507111692670105_TP_V
ご存知ですか?特定健康指導制度

生活習慣病対策として、厚生労働省によって2008年4月から40歳から75歳未満の被保険者・被扶養者を対象にメタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)に着目した「特定健康診査」および「特定保健指導」が義務付けられています。
特定健康診査の結果から、生活習慣病のリスクが高いが生活習慣を改善することで、予防効果が期待できると判断された方には特定保健指導を実施します。
特定保健指導ではメタボリックシンドローム予防・改善のために医師や保健師、管理栄養士がひとりひとりの生活に合わせた生活習慣の見直し、改善するために6ヶ月間のサポートをします。
特定健康診査や質問票からメタボリックシンドロームのリスクに応じて「動機付け支援」または「積極的支援」に分かれます。

チェックしてみよう!

特定健診の結果の中に、血糖値や脂質、血圧の項目があります。特定健康指導はこれらの数値と腹囲、BMI、喫煙習慣の有無などに基いてチェックされ、
軽度な順に[情報提供][動機づけ支援][積極的支援]に分類されます。

詳しくはこちらを御覧ください。
埼玉土建国民健康保険組合
http://www.sai-doken-kokuho.jp/04kenkou/02kenshin.html#kenshin03